【愛車の冬への備え】

      2015/11/17

日に日に秋の深まりを感じる今日この頃ですが、

富士山頂や中山峠でも降雪が確認されたりと

冬は着々と近づいてますね。

紅葉が残る中、初冠雪した富士山(11日午後、読売ヘリから)=栗原怜里撮影(10/11 午後の富士山)

 

お車の冬への備えは、スタッドレスタイヤも

もちろんですが、

それ以外の個所もしっかり準備しておきましょう。

 

【バッテリー】

バッテリーは寒さに弱いので、急に冷え込んだ朝などに

『エンジン掛かんない!』というトラブルがよくあります。

最近のバッテリーはギリギリまで性能を保ち、

ある日突然ダメになる『突然死』が多いです。

今のうちにしっかり点検して、

弱っているもは、交換しておきましょう。

 

【冷却水】

冷却水(LLC=ロングライフクーラント)には、寒冷地でも凍らないように

添加剤が混入されていますが、その効果は濃度によって変化します。

冷却液が不足した際に水を補充したり、経年変化(寿命は約2年)によって

性能が著しく劣化しているような場合、

寒冷地での駐車中などに冷却液が凍結してしまい、

最悪の場合、ラジエターを破損するおそれがあります。

 

ただ、近年の車には、10年間交換不要な『スーパークーラント』を

使用しているものも多くあります。

 

【ウォッシャー液】

雪道走行では、視界を確保するために、ウインドウォッシャー液の使用頻度が高まります。

しかし、外気温が非常に低い寒冷地では、ノズルの中でウォッシャー液が凍結したり、

窓ガラスに噴射したとたんに凍り付く場合もあります。

冬場に向けた事前の対策としては、凍結防止のために濃度を高めておくことを

おすすめします。

 

不安だな、と思ったら、ぜひご来店ください。

当店でも無料で点検していますよ^^。

 

 

 

 

 - カーメンテナンス , , , , ,