【暑い夏を迎える愛車に】

   

こんにちは!

暑い日が続きますね~(-.-)

 img_2

この季節、日中の車の中って

熱気でモワッとなってますよね~

まるでサウナです(-_-;)

 

車内の温度は60度近くまで

上がっている事もあるそうです。

ダッシュボードやハンドル部分は

なんと80度近くまで!!(+_+)

100720_1440~02

みなさんは夏場、車から離れる時に

どんな対策をしていますか?

 

ダッシュボードなどの黒い部分には、

白いタオルなどをかけておくで

温度上昇を防ぐことができます。

 

小さなお子さんと出かける際には

チャイルドシートにもカバーをかけるなど

対策しておいた方が良いですね。

シートには熱がこもっていますし、

加熱された金属部分で火傷する危険も。

 

窓を少し開けておくのも効果的です。

(盗難等に注意して、手が入らない程度に)

 

そして夏場によく見かける、サンシェード

37

車内温度の上昇を左右するのは、

「窓の断熱」です。

 

室内に入ってくる熱には

大きく2つの種類があります。

室内外の温度差による伝達熱と、

太陽の日射熱です。

shutterstock_208312609

サンシェードの使用により、

日射熱を遮断する事ができます。

最も断熱効果があるのは、

表面が光を反射しやすい色(白や銀)で、

厚みがある物が良いでしょう。

 

使用した場合、車内温度は10度前後、

ダッシュボードやハンドル部分に関しては

20度前後、温度上昇が抑制されます。

 

燃費にも関わってきますね。

 

例えば、サンシェードを使わずに

車内温度が60度まで上がった状態と、

サンシェードを使用して、車内温度が

50度に抑えられた状態。

 

それぞれ25度まで下げるとすると、

エアコンの稼働状況がだいぶ違いますね。

エアコン稼動中は、

かなりの燃料を使っていそう・・・

 

走行中、運転席や助手席側の窓に

カーテンやサンシェードを付けている車を

たまに見かけますが、視界を遮ってしまい

もちろん道路交通法違反です!!

使用方法に気を付けましょう。

 

200-1

今は面白いサンシェードがありますね~

 

後部座席では使用可能ですので、

小さなお子様やペットを乗せている際には

付けてあげるのもいいですね。

 

夏になると、

遠出する機会も増えるかと思います。

快適にドライブできるよう、

今から対策を整えておきましょう(‘▽’)

blog1107026-04

 - スケッチブック , , , , , ,