交番と派出所と駐在所はどう違う?

   

皆さんもご存知のように「派出所」という言葉は、何度も耳にしたことがあるとおもいます。

週間少年ジャンプでお馴染の人気コミック「こちら葛飾区亀有公園前派出所」通称「こち亀」のタイトルにも使われているワードです。

4-08-852811-5

警察官である主人公「両津勘吉」のように、私達の暮らしの安全を守ってくださる方々が職務に当たる、いわば警察官の拠点となる場所が派出所になります。

それでは「交番」と「派出所」の違いって?

実は「派出所」も「交番」も同じなんです。                                 平成6年の警察法改正前までの正式名称が「派出所」であり、平成6年の警察法改正後からの正式名称が「交番」と言う事になります。

次に「交番」と「駐在所」の違いは何でしょうか?

交番は主に都市部に置かれ、複数の警察官が、「交」代で「番」をする、交替勤務による24時間体制で警戒活動を行っています。それが交番になります。

駐在所は、1人または2人の警察官が、駐在所に居住しながら、地域の安全を守る活動を行います。家族も連れて来れるので、一緒に生活することも出来ます。ここが交番と駐在所との大きな違いになります。

ちなみに交番と駐在所は、両方合わせて現在、全国で約1万5000か所あるんですよ。

 - 交番(派出所)巡り