タイヤの点検

   

1.タイヤの点検について

タイヤは、定期的に安全点検をしましょう

タイヤは、重い車重を支えている重要なパーツです。唯一路面と接し、常に大きな負荷がかかっています。 安全な走行をするために、定期的に安全点検を行ないましょう。 タイヤが劣化したり摩耗が進んでいたり、傷やヒビなどの異常があるままで走行すると、制動距離が伸びるだけでなく、損傷する場合もあり、 危険を伴います。定期的な安全点検をすることで、タイヤの状態を知り、危険が発生する前にタイヤ交換等の処置を行ないましょう。

重要な点検ポイント

①スリップサイン、摩耗(すり減り)、偏摩耗(部分的なすり減り)

suriheri1

suriheri2

suriheri3

suriheri4

②外観の傷み(カット、クラック等)

kizu1

kizu2

kizu3

kizu4

③空気圧

空気圧1

空気圧2

kuukiatu3

 

④ホイールの変形やタイヤの変形

 

タイヤの寿命

タイヤの寿命は、様々な要因によりどの程度劣化してしまっているかによります。
一般的にはスリップサインと呼ばれる、溝が1.6mmになった際に出る警告の目印が交換時期とされています。
しかし、タイヤはゴム製品であり、日々の走行で雨や土、油などの物質と接し、また、駐車時においても直射日光やオゾンにさらされ徐々に劣化していくものです。そういった劣化の進み具合も、タイヤの交換時期に大きく関わることを忘れてはいけません。
スリップサインではまだまだ使えるタイヤでも、タイヤにヒビや傷などがある場合は要注意です。
パンクなどの原因になったり、危険を伴う場合があります。
安全なタイヤで安全に走行するためには、スリップサインだけでなく、タイヤ全体の劣化や損傷具合も点検し、見極める必要があります。
不安な点があれば、タイヤ専門店にご相談ください。

スリップサインとは

タイヤを横から見るとショルダー部の数カ所に△のマークがあり、この位置にあるトレッド面の溝が一部浅くなっています。 タイヤの摩耗が進行するとこの溝が途切れてスリップサインが現れます。 乗用車タイヤでは溝の深さが残り1.6mmになると現れ、すぐにタイヤを交換する必要があります。 スリップサインの出たタイヤは法規上も違反となります。 雨天時の走行ではスリップしやすく、ハイドロプレーニング現象も発生しやすくなり大変危険です。

タイヤの摩耗とローテーション

タイヤは車種や装着位置により摩耗の度合いが違います。
タイヤの寿命を延ばし、経済的につかうために、タイヤのローテーション(位置交換)をおすすめいたします。
ローテーションを行うことで、タイヤ摩耗の度合いを均一にし、長持ちさせることができます。

必ず専門店の指導のもと、約5000km走行を目安に定期的にローテーションしましょう。

ローテーション1
ローテーション2
ローテーション3
タイヤの外観の点検
タイヤ性能の維持のためにもタイヤのキズのチェックをお奨めいたします。コードに達している外傷やゴム割れのあるタイヤは非常に危険なため、使用しないでください。日常点検を必ず行い、タイヤにキズを見つけたらただちに販売店などで点検を受けてください。
タイヤ横側の膨らみ、ピンチカットには要注意!
タイヤ横側の一部に、盛り上がったような変形を見つけたら至急タイヤ交換を行ってください。 「ピンチカット」といい、縁石に強く乗り上げた時などの衝撃が原因で、内部のコードが切れている非常に危険な状態です。
タイヤ横側の凹み、バルジデントは大丈夫?
適正空気圧なのに、タイヤ横側に帯状の凹凸が出来る場合があります。 内部構造上起きる「バルジデント」といい、不良品ではありません。 詳しくは販売店におたずねください。
長期経過タイヤの点検・交換について
タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴い、タイヤの特性も変化します。
その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、点検が必要です。
従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。
長期使用1
長期使用2
choukisiyou3
長期使用4
同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。
また、外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)製造後10年(注)経過したタイヤ(含むスペアタイヤ)は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。
なお、車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認ください。
上記参考資料:ダンロップタイヤ公式タイヤサイト・一般社団法人 日本自動車タイヤ協会

 - タイヤの点検