タイヤの役割について

   

タイヤなくしてクルマは走れません。そんなタイヤの役割とはなんでしょう?

自動車が安定した走行をし、目標地点でしっかり止まるなどの基本的な動きをするには、「タイヤ」は欠かすことが出来ません。
自動車と路面の間に位置し、わずかな路面との接地面積で車体をしっかり支え、ドライバーの思う方向に滑らかに進むことが出来るのはタイヤの様々な働きによるものです。
タイヤは、自動車を支えるだけでなく、ドライバーや同乗者の安全を担うとても重要なパーツであると言えます。
タイヤの機能、特徴、扱い方や日々の点検など、正しい知識を持って、安全で安心なカーライフを築きましょう。

タイヤの4大機能

1.車の重量を支える。(荷重支持機能)

自動車の重さ(車体の重量、ドライバー、同乗者、積荷など)を支える働きをしています。乗用車の重量は約1.6トン。タイヤと路面の接地面積はわずかハガキ1枚分。このサイズにかかる重さは約400㎏もあります。

2.衝撃を吸収する。(緩衝機能)

走行時に発生する路面の凹凸による衝撃を吸収・緩和し、快適な乗り心地を保持する働きがあります。

3.走る。止まる。(制動・駆動機能)

自動車が走ったり止まったりするには、エンジンからの駆動力やブレーキなどの制動力を的確に路面に伝える必要があります。タイヤは路面との摩擦によって、その重要な役割を担っています。

4.曲がる。(進路保持機能)

直進域での安定感、カーブでのバランス、グリップ力といった、自動車が自由自在に走るために欠かせない機能です。

 - タイヤの基礎知識