スタッドレスタイヤとは

   

1.スパイクタイヤからスタッドレスタイヤへ

スタッドレスタイヤとは、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤということです。スパイクレスタイヤでも良かったかも。
以前は、タイヤに鋲のついたスパイクタイヤが主流でした。
しかし、道路への影響や、路面を削りながら走ることによる粉塵などから、使用されなくなりました。
現在では、鋲がないスタッドレスタイヤが主流となり、様々な技術によって日々進化し、
より冬道を安全にする工夫がなされています。
各タイヤ製造会社はスタッドレスにも独自の技術を用い、ドライバーと同乗者の安全を守る為、
より優れた走行性能、制動・グリップ性能を持つスタッドレスタイヤを開発しています。

2.夏タイヤとスタッドレスタイヤの違い

スタッドレスタイヤと夏タイヤの大きく異なる点は、「ゴムの質」です。
スタッドレスタイヤのゴムは、過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、
低温域でもしなやかさを保つことができる性質を持っています。
さらに、滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫が施されています。

stbn_01stbn_02

 

なぜ凍結した道路、冬道はすべるのでしょう?

1.「滑り」の原因は、”水”

冬道の「滑り」の原因は、路面の氷上にできた水膜です。
水膜は、クルマが氷の上を走ると、車重が氷に圧力をかけ水分が溶け出すことによってできてしまいます。
0℃~-10℃で水は溶け出しやすく最も滑りやすい状態になります。
温度がさらに低い状態であれば逆に水は溶け出しにくく滑りにくくもなります。

2.”水”以外での「滑り」を誘発する要素とは

温度が下がると水は溶け出しにくくなりますが、ゴムの性質上、低温で硬くなってしまうと滑りやすくなります。
本来、凹凸あるゴムの表面は、柔軟に路面に密着し接地面積を増やすことでグリップ力を維持しています。
しかし、低温時に硬化したゴムは、路面に密着しにくくなってしまい接地面積の減少につながり、「滑り」を誘発してしまいます。

 - タイヤの基礎知識