この道 寄り道 廻り道

   

今日3月17日といえば、1985年3月17日から開催された国際科学技術博覧会から

28年が立ちます。

筑波研究学園都市をお披露目した「TSUKUBA」が国内外に知らしめた年でもあります。

tsukubakenkyu gakuen

歳の流れといえば、最近妙に自分が老け込んできたなあと実感することが 多くなりました。

白髪や目の衰えは言うに及ばず、頭もめっきり衰えてきています。

今日はそんな衰えを、記憶をたどることで、進行を抑えられればと思います。

 

当時、私は県内にあるホテルの営業マンをしていたのですが、婚礼やらパーティーの

仕事がなかなか取れなくて苦戦していたことを思い出します。

また、万博にこられた海外のお客様とのコミニュケーションが語学力がないことから全く

取れず、悪戦苦闘しました。

 

その十年後には、大手運送会社に勤務していました。

ホテルマン時代の営業が活かされたのか、結構いい成績を収めることができて、海外への

研修などにも参加させていただきました。

ヨーロッパへの研修では、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、オランダ、スイスそして最近

ニュースにもなっています、ローマ法王がいらっしゃるバチカン市国などにも行きました。

 

それから10年後には、会社を興して物流業界にいました。

軽自動車1台からのスタートで、のんきに始めたものです。

 

今思えば、中学校を卒業する際に書いた寄せ書きが良くなかった。

同級生の多くは、希望や夢といった言葉が並んでいたように思いますが、自分が書いた

寄せ書きは 「この道 寄り道 廻り道」でした。

「目標実現には目標を紙に書いて、壁に貼って、朝晩読む」とか、「思考は 現実化する」と

よく言われますが、その通りになっています。

 

我が人生、紆余曲折のなか、この道、寄り道、廻り道しながらも歩いてきました。

私の本心は、「急がば、まわれ」、いわゆるそれが目標への近道だと信じていたのに。

 

万博から、早28年、まもなく30年が経とうとしていますが、残念なことに私の道には、

GOALの文字が見えていません、未だ路の途中、ON THE ROADです。

それではまた

GOO! TRUCK

 

 

 

 

 - スケッチブック