【要注意!夏に増えるバッテリートラブル!!】

   

夏を迎えると、行楽や帰省など、

遠出する機会も増えるかと思います。

blog1107030-03

そこで!

夏に多い車のトラブル

バッテリーの夏バテには要注意!!

 

バッテリーは、エンジンを始動させる他に

ライトやオーディオ機器などの電装品に

電力供給を行うという

重要な役割を担っています。

 

バッテリー上がりといえば、

冬を連想する方も多いと思いますが

実は夏のトラブルもかなり多いのです。

imagesNP4ZBXCV

バッテリー上がりとは、

電気の使用量が充電する量を上回って

充電不足になることを言います。

 

通常、気温が上がる夏場は

バッテリー性能は良くなる傾向にあります。

 

では何故、

夏のバッテリー上がりが多いのか?

 

夏場に使う装備で、最も電力を使うのは

やはりエアコンです。

エアコン使用時に風を送る為の

「ファン」が電力を食うのです。

9a4149c0

夏場、車に乗り込んですぐに

エアコンを全開にする、

なんて事はしていませんか?

この時、ファンが全力で回り出し

バッテリーに大きな負担をかけています。

 

そして、渋滞にはまった時など、

ブレーキを踏み続ける事もありますよね。

ブレーキランプは後続車に

停車している事を確実に知らせる為

結構な電力を消費しています。

8912285

ブレーキランプは

節電の仕様がありませんが、

エアコンの風量調節をする事で

電力の消費量を抑える事ができます。

 

車内がだいぶ冷えてきたら、

風量を下げておきましょう。

548edff869

 

また、オーディオのスピーカーも

そこそこ電力を使いますので、

音量を控えめにする事も効果的です。

 

バッテリー上がりを起こすのは、

やはりバッテリーが弱っている時です。

バッテリーやオルタネーターが正常な場合

2~3時間位の渋滞で

バッテリーが上がる事はありません。

 

遠出する際にはバッテリーの状態を

点検しておく事が重要です。

battery01

使い始めて2年程で

バッテリーの性能は弱ってきます。

トラブルになる前に定期的な点検、

交換をしましょう。

 

ドライブ中に突然のトラブルで

真夏の炎天下に

熱くなったボンネットを開ける。

そしてその近くで待機する、

なんて事態は避けたいですよね。

 

信号待ちで突然エンジンが止まった、

なんて話を聞いたことがあります。

 

みなさんも「ある日、突然ダウン」

なんて事にならないように

日頃から点検しましょう。

battery_image01

 - スケッチブック ,