【思うは招く】

   

 

当店の前の道路(408号線)は、小学生の

通学路になっています。

IMG_2099

 

店の前の歩道を、楽しそうにはしゃいで下校する様子が、

聞こえてくる声で分かります。

(車の通りが多いので、事故には注意してね!!)

 

IMG_2103

 

ふと窓から見えたその姿に、

ある人の話が浮かんできました。

 

以前、お世話になった方から、

「見てみて」と薦められた動画です。

 

フェイスブックやツイッター等で

話題になった動画なので、

見た方もいらっしゃるかと思いますが。

 

2014年7月に開催された「TED×Sapporo」での

株式会社植松電機の専務取締役 植松努さんの

スピーチ。

作業着姿でニコニコしながら登場した植松さん。

夢と愛情がいっぱい詰まったスピーチです。

 

出典:Youtube

 

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんが

教えてくれた大切なことを、尊敬すべきはずの

教師に否定されてしまいます。

 

子どもの頃に、アポロの月面着陸のニュースを

とても喜んでいたおじいちゃんを見てから、

宇宙開発を夢見るように。

 

ですが、教師が教えてくれたことは、

 

「どーせ無理」

 

人の自信と可能性をうばう言葉。

 

「どーせ無理だから」と、

誰もやった事のない事をやり続けた

植松さんの言葉は、説得力があります。

 

失敗はマイナスだと考える大人が、

子どもの可能性をうばっている。

あきらめることを覚えさせてしまう。

 

失敗したら、逃げ出すこともあり。

悔しい、恥ずかしい、申し訳ない・・・

それは、「ただいま成長中」だと言えば良い。

 

思い続けることが、夢を招くんです。

 

考えること、感じること、願うこと、

夢見ること、意図すること。

人間の思考には力があり、どんな考えや思いも、

感情も、創造につながってくる。

考えることは、すべて現実になる。

これが『創造の原理』です。

(人間にはそのような能力が備わっており、

『人類に隠された最大の秘密』です)。

 

今、下校中の子どもたちには

可能性がいっぱいあるんだなあ と思ったら、

ますます輝いてみえます(^-^)

 

うらやましくもありますが(笑)、

 

こんなことを思う私自身も、

「どーせ無理」という考えを持たずに、

もし、壁にぶつかったのなら

「だったらこうしてみれば・・・」

自信を持って、まだまだ可能性を信じて

日々成長中!ってことで(^^)V

がんばりたいと思います。

 - スケッチブック , , ,