【外したタイヤは邪魔じゃない?】

   

朝晩の冷え込みも日に日に厳しくなってきましたね。

紅葉もそろそろ見ごろを迎えそうです^^。

 

短い秋はあっという間に過ぎ去って、

冬がやってきます。

寒さ対策は万全ですか?

我が家ではかけ布団の枚数が増えました(笑)。

 

愛車の冬支度として、代表的なのが

スタッドレスタイヤですが、

交換した後の、外した夏タイヤってどうように保管していますか?

「タイヤ保管」の画像検索結果

 

 

タイヤを保管するときの注意点は、

 

1 水分からタイヤを守りましょう。

雨の当たる場所や湿度の高いところでは、ゴムの変質が早まります。

 

2、直射日光が当たらないようにしましょう。

「タイヤ保管 日光」の画像検索結果

タイヤは紫外線にあたったり、高温の場所に長期間置いておいたりすると、

ひび割れなどの劣化が起こります。

カバーなどをかけて涼しい場所に保管しましょう。

 

 

3、油分からタイヤを守りましょう。

ゴムの性質上、油分との相性はよくありません。

タイヤワックスなどはふき取って保管しましょう。

 

4、タイヤを変形から守りましょう。

タイヤの保管のコツその5:変形からタイヤを守りましょう!

タイヤをホイールに装着したままで保管する場合は、

空気を抜いて内圧を弱め、ゴムの劣化を防ぎましょう。

 

以上のことに注意して、タイヤを長持ちさせましょう。

 

ところで、外したタイヤって邪魔じゃありませんか?

以外に場所も取りますし、アパートなどにお住まいの方は、

自室のベランダまで運ばなければならなかったり・・・。

 

そんなお悩みを解決すべく、当店ではタイヤ保管サービスを実施しています。

4本セットで1か月間1,080円でお預かりいたします。

 

タイヤの保管でお困りの方、ぜひ1度ご利用ください^^。

 

 

 

 

 - カーメンテナンス , , , , ,