【NANKANG (ナンカン)】

      2015/02/12

当店で一番よく出るタイヤメーカーです。

台湾のタイヤメーカー、ナンカンタイヤは1940年、

前身であるナンカンラバーというゴム製造会社として

設立されました。

1989年には日本のタイヤメーカーによる技術指導も

受けています。

現在では日本以外にもアメリカやヨーロッパ、オセアニア、

アフリカ等世界中の各国にタイヤを輸出しています。

 

コンフォートタイプではAS-1!

水性を向上させるため、外側には幅広の直線溝が

刻まれています。

さらに中間サブ溝でウエット路面での安全性を向上

させており、サイプに水を吸い取らせて水を排除し、

ドライブの安全性を確保しています。

OUT側でのコーナーリングフォースを増大させるため、

ショルダーには高剛性を示すパターンを採用し、

コーナーリングフォースとステアリング時の安定性を

増大させています。

 

独自のショルダー直線溝がトレッドの耐用性を向上させ、

不規則な磨耗から保護。
 均一で浅く刻まれたサイプが路面からの衝撃を抑え、

快適な乗り心地を提供します。

ミニバンや1BOXにはうってつけです^^。

 

 

 

スポーツタイプではNS-2が一番人気です!

NS-2(エヌエスツー)は、ドライグリップ性能とウェット性能に

優れたナンカンのフラッグシップスポーティータイヤです。

機敏なステアリングレスポンス、スポーティーな運動性能と、

快適性がうまくバランスされています。

適度な静粛性も備えています。

 

価格もリーズナブルなので

ストリート系などスポーティーな走りを好む若者に人気です!

 

 

 

最近新しくなったエコタイヤ ECO2+(エコツープラス)。

中間のサブ溝を浅めにして、縦方向/横方向のトレッド

剛性を高め、走行時のパターンブロック変形を抑え、

エネルギーのロスを低減。

ショルダー横溝の角度を大きくとってショルダー

ブロックの連続性を確保し、ブロックのくびれ運動により

発生するエネルギーのロスを低減。

ウエット路面での排水性、安全性を向上させる縦方向4本溝。

直進性能と操縦性を高めるセンターリブ設計。

 

全サイズのGolden-Ratioサイドウォール強化デザインで

ハンドル操作とコンフォート性能が改善されます。

高濃度の優れる分散性シリカにユニークな架橋剤を採用、

ウェットグリップを大幅に増強できさらに走行の安全性も強化します。

 

最近多くなったエコカーに最適です。

 

海外製タイヤも日々進化しています。

大々的にメディアを利用して宣伝している国産メーカーと違い、

知名度は低いけど、価格に見合った性能を維持している

タイヤメーカーはまだまだたくさんあります。

 

今後はBLOGを通して少しづつご紹介していきますね^^。

 - タイヤのご紹介 , , , ,